室内の形に合わせて多種多様なタイプがあるのが業務用エアコンの良さ

家庭用と業務用の違いは出力に違いがある

フィルター

近年の気温が著しく変化する夏と冬は地球温暖化によって影響が強くなっており、そのような状態で室内で快適に過ごすためにエアコンの必要性が高まっています。ただエアコンには家庭用だけでなく、業務用というものも存在するのです。家庭用エアコンと業務用エアコンがあった時に、基本的には業務用を選ぶ形になるのです。なぜ業務用が人気なのかというと、いくつか理由がありますがやはり出力に違いがあります。家庭用というのは一軒家の平均的なリビングの大きさを対象にしているので、200ボルトの出力で賄っているのです。しかし業務用というのは家庭で使うことを念頭に置いているのではなく、20人以上の部屋を使うもしくはコンビニやパソコンを使う部屋など何度も開閉する機会がある場合だと効きが悪くなります。その点業務用だと200以上の出力があるので、室内の大きさや開閉の頻度に関係せず安定してエアコンの効き目が良いです。

室内の環境に合わせて選べる

エアコン

業務用エアコンの人気の一つとして、室内環境によって色々なタイプがあります。家庭用エアコンでは外に室外機を置いて、室内の一部に穴をあけてエアコンを設置する立て掛け型が主流です。その理由は工事がしやすいのと、エアコンが部屋にあることによって掃除などのメンテナンスがしやすいのが理由になります。業務用だと例えば旅館ではエアコンがあることで景観が悪くなったりするので、立て掛け式だけでなく壁に埋め込むタイプや天井から拭き下ろすタイプと色々あるのです。

出力が強いからこそ温度設定はしっかりと

エアコン

業務用エアコンも家庭用と変わらない出力のエアコンがありますが、基本は大人数もしくは大規模の部屋で使うことを念頭に置いているので強い力で部屋の室温をコントロールします。ただ強い出力でエアコンを使うということは、設定温度をしっかりと管理しないと室外との温度差に体がやられて身体の調子を崩すことにもなるのです。そのため涼しいもしくは暑すぎると感じた時には、必ず温度設定を変えて体の負担を減らすのがマナーになります。

銅管が厚くなるのでスペースを確保しよう

業務用エアコン

業務用エアコンは出力の強いエアコンを複数台設置するので、コストカットを目的に室外に置く室外機に複数のエアコンを直結する場合があります。ただ複数のエアコンを直結するということは、その排気をしっかりするために銅管が厚くなる傾向があります。台数が多ければ多いほど銅管が厚くなるの、その中に流れる空気の音が大きくなり騒音被害になってしまうのです。もちろん耐久性については、エアコン機器の技術の進歩によって複数台設置したとしても壊れる心配する必要はないといえます。そのため出力の強い業務エアコンを設置するときには、近隣との距離を測って交通の邪魔や騒音被害にならないようにしっかりとスペースを確保する必要があるのです。