業務用エアコンを利用する方法は3つあり、それぞれ魅力が異なるので自社に合った方法を選ぶといいでしょう

HOME>記事一覧>パッケージエアコンを利用する方法は一つではありません

お金のことを考えると購入がおすすめです

エアコン

レンタルやリースなどがありますが、長い期間で考えると、傾向として業務用エアコンを買うのが一番経済的な負担を少なくできます。型落ち品やセール品などを狙って購入すれば、購入費用をさらに下げることは、それほど難しいことではありません。リース契約は中途解約をすることができないですが、契約期間が3~7年と設定している会社が多いので、3年未満の利用期間だと中古品で済ますと言うのも有りでしょう。ただ中古品だと新品より故障しやすくなるので、修理費用のことも考えて、購入をすることをおすすめします。中古品はコンディションチェックが簡単ではないので、値段が最安値で無くても、信頼できる販売店から購入するのがいいでしょう。

レンタルが一番いいこともあるでしょう

室外機

比較的契約期間が短いのがレンタルで、業務用エアコンをイベントなどのために、短期間だけ利用したい人におすすめです。利用が終わったエアコンは、レンタルサービス提供会社に返却することになるので、処分に困ると言うこともないでしょう。

リースも魅力的で選んでいる人は多いです

エアコン

リースは契約期間が来れば、最新型の業務用エアコンをリースすることもでき、常に高性能のエアコンを利用することが可能です。購入した場合にエアコンが故障すれば、修理費用は負担することになりますが、リースの場合修理費用を負担してくれる会社もあるので、そういった企業を選ぶと安心です。